焼香について

宗派によって焼香の回数などが違います。

焼香の手順について

僧侶の読経が始まると、遺族や親族に続いて参列者が焼香をおこないます。焼香の作法は宗派や地域によって異なりますが、一般的作法としては、以下のようになります。
1.右手の親指・人差し指・中指の三本で抹香(香木を砕いた細かい木片)を少量つまむ
2.手を返してから目の高さまで持ちあげる
3.左の香炉(炭の方)の少し上に移動させ、指をこすりながら炭のうえにパラパラと落とす(回数は宗派により異なるが、だいたい1~3回)

数珠は左手にかけておきます。
自身の宗派が分からない場合は、周囲にあわせておけば問題はありません。参列者が多い葬儀の場合は、時間調整の関係から「1回にしてください」と案内されることもあります。

焼香の形式と作法

焼香の形式は主に3つに分かれ、それぞれの作法があります。以下、詳細を説明していきます。

立礼焼香

立っておこなう焼香が「立礼焼香」です。椅子席の式場で多く用いられる形式です。
1.焼香台の2、3歩手前で立ち止まり、僧侶に一礼、遺族に一礼
2.前へ進み、身を正して、遺影に合掌、一礼
3.焼香し、合掌
4.後ろ向きに2、3歩下がり、再度遺族へ一礼し、終了
5.係員の案内にしたがって退場、または元の席に戻る

座礼焼香

座っておこなう焼香が「座礼焼香」です。畳の式場で多く用いられる形式です。
1.まず次の人に会釈して、祭壇の近くへ中腰で進み、座って遺族と僧侶に両手をついて一礼する
2.座布団の前で両手を使って膝立ちし、にじり寄って正座し、遺影に合掌、一礼
3.焼香は立礼と同じ方法でおこない、合掌
4.両手を使って膝立ちし、そのままの姿勢で後退する
5.中腰になったら僧侶・遺族に一礼し、中腰のまま席に戻る

回し(廻し)焼香

回し(廻し)焼香は、式場が狭い場合などに、座ったまま焼香炉を隣の人に順番に渡しながらおこなう形式です。
1.隣の人から香炉を回されたら、軽く会釈をして受け取る
2.自分の膝の前に置き、遺影に向かって合掌、一礼
3.立礼と同じ方法で焼香し、合掌する
4.盆を両手で持って隣の方へ回し、終了

椅子席の場合の回し焼香は、膝の上に盆を置きましょう。

僧侶の読経が始まると、遺族や親族に続いて参列者が焼香を行います。 順番が来たら祭壇に進み出て、故人に対して一礼、そして遺族に対して一礼してから焼香を行うのがマナーです。

宗派 焼香の回数
天台宗 1~3回
真言宗 3回
浄土宗 1~3回
浄土真宗本願寺派 押しいただかずに1回
真宗大谷派 押しいただかずに2回
臨済宗 1回
曹洞宗 1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす
日蓮宗 とくに決まりはないが3回が多い

※同宗派でも回数が異なる場合があります。

地域や宗派によって異なることがございます。

美・エピローグ