家族葬・直葬のことなら

美・エピローグ

美・エピローグ

24時間
365日
0120-24-5232
0120-24-5232
クレジットカード

葬儀の服装について

男性・女性とも喪服が基本です。

男性の葬儀の服装

喪服が基本。
ただし通夜の際は、ブラックスーツまたはダークスーツでも可。
ネクタイや靴下を黒に。
腕時計、結婚指輪を除くアクセサリーは基本的に外しましょう。

女性の葬儀の服装

喪服が基本。
ただし通夜の際は、黒または地味な色とデザインのワンピースやスーツでも可。
服装全般の注意として、黒であっても光沢のあるものはNGとなります。派手な時計やカフスボタンなども避けてください。
通夜・葬儀の席次について

通夜は、告別式の前日に親しい人たちが「取り急ぎ駆けつける」といった意味合いが強い儀式です。そのため、たとえ通夜の日程が逝去から数日後だったとしても、地味な平服での参列で問題ありません。
最近では通夜にのみ出席する人が多くなり、喪服を着用する人も増えてきました。用意ができるのであれば、喪服でもよいでしょう。

アクセサリー

女性の場合、アクセサリーは涙を連想する白のパールが基本で、一連のネックレスか一粒タイプのイヤリングのどちらかを選ぶのがよいとされます。華美なものは避けましょう。
二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味から、厳禁です。
また、パンプスは正式礼装を同じく、黒系のものとし、ストッキングも黒色にしましょう。ただし、通夜に参列するときは肌色でもよいとされます。

コート

冬場でコートを着用している場合、葬儀会場の建物内に入る前に脱ぐようにしましょう。焼香場所が屋外テントなどの場合は、焼香のときのみコートを脱ぎ、それ以外は着用していても大丈夫です。
なお、革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせることからNGとなります。