家族葬・直葬のことなら

美・エピローグ

美・エピローグ

24時間
365日
0120-24-5232
0120-24-5232
クレジットカード

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串奉奠とは、玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味がこめられています。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神式での通夜祭や葬場祭では、仏式の焼香にあたるものとして「玉串奉奠」(たまぐしほうてん)が行なわれます。玉串とは、榊の枝に四手という紙片を下げたもので、神の霊が宿るとされてきました。参拝者はこれを祭壇に捧げ、故人様の冥福を祈ります。玉串奉奠はほとんどが立礼で行われます。

1.一礼して玉串を受け取る

一礼して玉串を受け取る 玉串の持ち方玉串の持ち方順番が来たら祭壇に進み、まずご遺族様に会釈をします。神官の前に進み出て、一礼してから両手で玉串を受け取ります。
このとき、右手は根元を上から包むように、左手は枝先を下から添えるようにして持ちます。

2.根元を祭壇に向けて玉串案の上に置く

玉串の回し方

そのまま玉串案(玉串をのせる台)の前まで進み、祭壇に向けて一礼します。
まず右手で持っている根元を手前にして玉串を縦にします。今度は根元を左手に持ち替え、根元が祭壇に向くよう、右回りに半回転させます。
根元を祭壇に向けて玉串案の上に置きます。
なお、地方により榊の枝を使用しない所もあります。

3.柏手は音を立てずに

柏手は音を立てずに 正面を向いたまま2~3歩退き、二礼してから柏手(かしわて)を2回打ちます。このときの柏手は「忍手(しのびて)」といって音を立てずに打つのがしきたりです。
最後に再び一礼して退き、神官様やご遺族様に会釈してから席に戻ります。

手水の儀(ちょうずのぎ)

神式の葬場祭にだけ行なわれる独特の儀式が「手水の儀」です。
これは通夜祭や葬場祭の前に身を清めるために行なわれるもので、参列者は入口に用意された手おけで水をくみ、手と口を洗い清めなければなりません。まず左手、次に右手の順にひしゃくで水をかけ、最後は左手で受けた水で口をすすぎます。
終わったら、渡される懐紙で口もとや手をふきます。