家族葬・直葬のことなら

美・エピローグ

美・エピローグ

24時間
365日
0120-24-5232
0120-24-5232
クレジットカード

献花(キリスト教式)について

献花(キリスト教式)は日本独自の習慣です。

献花(キリスト教式)について
キリスト教式のご葬儀では、故人様との別れの儀式として「献花(けんか)」が行なわれます。これは日本独自の習慣で、カトリック、プロテスタントどちらでも行なわれています。献花に使われる花は、菊やカーネーションのように茎が長いもので、花の色は白が一般的です。

1.ご遺族様に一礼し、花を受け取る

ご遺族様に一礼し、花を受け取る 順番が来たら祭壇に進み出て、ご遺族様に一礼をしたのち、花の部分が右側にくるようにして、両手で係の人から花を受け取ります。
このとき、右の手のひらは上向きに、左の手のひらは下向きになるようにします。

2.根元を祭壇に向けて、献花台の上に置く

根元を祭壇に向けて、献花台の上に置く 両手で持ったまま献花台の前に進み、祭壇に向けて一礼します。
根元が祭壇の方に向くよう右に回して花を持ち替え、左手を下から花に添えて献花台の上に置きます。

3.手を合わせて黙とうするか、深く一礼

手を合わせて黙とうするか、深く一礼 手を合わせて黙とうするか、深く一礼します。そのまま2、3歩下がり、ご遺族様に一礼してから席に戻ります。
黙とうの際、カトリックでは十字を切り、プロテスタントでは胸の前で手を組みますが、信者以外は、ふつうに手を合わせて黙とうしても構いません。
参列者が多く、時間がかかりそうな場合は、献花を省略し、全員で黙とうを捧げる場合もあります