家族葬・直葬のことなら

美・エピローグ

美・エピローグ

24時間
365日
0120-24-5232
0120-24-5232

よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問をまとめました。

葬儀全般のご質問ご逝去の際の対応など家族葬について直葬について一般葬についてその他

葬儀全般のご質問

深夜・早朝でも対応してくれますか?
24時間365日、迅速にお客様の元へ駆けつけます。またご相談も休みなくお電話で受け付けております。葬儀・葬式の専門スタッフが対応いたしますのでご安心ください。

ご逝去の際の対応など

亡くなった後、まずは何をすべきですか?
病院などで亡くなった場合、法律で24時間経過するまでは火葬ができないことになっています。 そのため故人様の安置場所を取り急ぎ決める流れになり、自宅・斎場などが主な候補としてあがります。この時に慌てることなく慎重に対応することが重要です。美・エピローグではご要望に応じて最適なご提案をいたします。

家族葬について

家族葬の場合、親族・知人などはとこまで招くべきですか?
家族葬の明確な定義はありませんが、一般的に家族、親戚や生前親しかった知人をお招きし意図的に小規模な葬儀を行うというのが家族葬と言っていいでしょう。お招きする範囲は、おつきあいの深さによっても異なるため、ご家族内で話し合い決めるのが望ましいでしょう。
家族だけのお葬式は、ご近所様や会社関係の方などに対して失礼にあたりますか?
最近では、家族葬を選ばれる方が増え、ご葬儀の8割を占めています。故人さまのご意向でご近所様や会社関係方々のご参列をご辞退いただくことも特に珍しいことではなくなって来ましたが、ご訃報だけはお伝えした方がよろしいかと考えます。
家族葬は家族以外の方がいても大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。故人さまと縁の深かった方達で温かく心のこもったお見送りができます。
家族葬の場合、お香典は受け取らない方が良いですか?
家族葬と言っても一般葬と同じくご導師様にお経をあげていただく費用が必要になってきます。今後のおつきあいやご遺族様のご負担を抑える意味でも、ご香典はお受け取りになってよろしいかと思います。
葬儀場には泊まれますか?
お通夜~告別式の終夜付添は可能です。お休みになられる場合は貸布団の手配も可能です。

直葬について

直葬とはどんなお葬式ですか?
直葬(火葬式)とは、通夜式・葬儀式などの儀式を行わず、ごく限られた親しい方のみで火葬場に行き、火葬のみを行う葬儀形式です。 祭壇等は飾らず、会葬者を招かないので、葬儀式で生じる費用や、会葬者への接待の費用が軽減でき最も経済的な形式と言えます。
安置している場所はどこになりますか?
ご自宅、もしくは美・エピローグにご安置させていただきます。美・エピローグでの式場安置も可能ですが別途費用をいただく事になります。
直葬の参列者人数の制限はありますか?
制限はありませんが、ごく限られた親しい方のみの葬送形式なので、少人数で執り行うことが大前提です。

一般葬について

一般葬と家族葬は何が違うのですか?
家族葬はご家族を中心に執り行うご葬儀、一般葬は、身内だけでなく、参列者様を招くタイプの葬儀をいいます。美・エピローグでは、ご家族様のご要望を伺い、故人様を見送るのに相応しい葬儀を執り行います。
故人の趣味を反映した葬儀を行うことは可能ですか?
好きな音楽をかけたり、趣味の絵を飾ったりする葬儀もございます。ご葬儀に故人様のご趣味を取り入れた葬儀ももちろん可能です。詳しくはお尋ねください。

その他

多治見市から支給される葬祭費があると聞きましたが?
国民健康保険・後期高齢者医療の被保険者であれば、どの市区町村でも葬儀費用の補助として葬祭費が支給されます。 多治見市の場合、5万円が葬祭費として支給されます。葬儀が終わった後に、忘れずに申請をするようにしましょう。